ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 鳥取県岩美町/眺め良し!料理良し! 東浜駅近くに瑞風レストラン

鳥取県岩美町/眺め良し!料理良し! 東浜駅近くに瑞風レストラン

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月13日

鳥取県岩美町

6月に運行が始まるJR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス 瑞風(みずかぜ)」の鳥取県内停車駅「東浜駅」(鳥取県岩美町陸上)近くに、浦富海岸(東浜海岸)を眺めながら食事が楽しめる本格イタリアンレストラン「AL MARE(アルマーレ)」が完成した。12日、関係者に披露され、料理の試食会が開かれた。5月15日にオープンし、一般客も受け入れる。

アルマーレはイタリア語で「(美しい)海辺」を意味する。その名が示すように、雄大な日本海の景色が一望できる開放感のあるホールが特長。四季折々にさまざまな表情を見せる日本海を眺めながら、地元の新鮮な食材を使った料理が堪能できる。

イタリアから仕入れた石窯を使ったピザやパスタなどを中心に提供する。座席はテラス席を含めて約50席。玄関にはオリーブや季節の花々を植え、地中海の雰囲気を醸し出す。

町が旧保育所を約1億8千万円かけて改修。地域住民らで組織する「東浜」(中島睦郎社長)が運営管理に当たる。

料理監修は、県内を中心にカフェなどを手掛けるTrees(山根大樹社長)が担う。試食会では、東京の有名イタリアンシェフ、有馬邦明氏による料理が振る舞われた。平井伸治知事は「鳥取の魅力が詰まった料理で別世界が生まれた」と太鼓判を押した。

開所式も行われ、中島社長が「アルマーレから岩美町をはじめ鳥取県の魅力を発信し、最高のおもてなしをしたい」と力強くあいさつ。榎本武利町長は「素晴らしい浦富海岸を多くの人に知ってもらういい機会。地域の素材をブランド化し、6次産業にも結び付けたい」と期待した。(増井賢一)

(2017/04/13 (日本海新聞)(共同通信社「47行政ジャーナル」より転載))