ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 香川県三木町/空き店舗にベーカリーカフェ 香川県三木町の補助事業第1号

香川県三木町/空き店舗にベーカリーカフェ 香川県三木町の補助事業第1号

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月10日

香川県三木町

空き家などを有効利用する香川県三木町の地域づくり促進事業で、町内の空き店舗を活用して今春、ベーカリーカフェが開店した。同事業の利用第1号となり、 地元の新鮮な野菜などを使った総菜パンを取り扱い、地産地消に貢献しているほか、地域住民や大学生らをスタッフとして雇用。「地元密着型カフェ」として人気を集めている。

同事業は、町内の空き家や空き店舗をカフェとして活用してもらうことで、地域活性化やにぎわい創出につなげるのが狙い。地元の若者の雇用などを条件に、事業者に対して店舗改修費の一部を補助する。

ベーカリーカフェの店名は「横綱パン」で、店舗は鹿伏地区の空き店舗を改修した。代表の野々村泰彰さん(44)=同町=によると、「横綱のように、 どこにも負けないおいしいパンを」との思いを込めたという。町内の主婦や若者ら12人を雇用している。

販売しているのは、さまざまな具材を挟んだコッペパンサンド。町内の農家が丹精込めて育てたサトイモのコロッケ、キャベツやキュウリなど当日採れた野菜のサラダなどの具材を日替わりで提供する。 気軽に楽しんでもらおうと、価格は200円に統一。口コミが広がり、平日は毎日300個が売り切れ、確実に買うには予約が必要という。

営業は、平日が午前6時~午後4時、土曜・祝日が午前8時~午後2時。日曜定休。予約、問い合わせは同店〈087(814)5131〉。

(2016/05/10 (四国新聞)(共同通信社「47行政ジャーナル」より転載))