ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 熊本県小国町/小国産材をタブレットで紹介 小国町と森林組合

熊本県小国町/小国産材をタブレットで紹介 小国町と森林組合

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年11月6日

熊本県小国町

熊本県小国町と町森林組合は5日、タブレットを活用した町内産木材の加工品の営業を始めたと発表した。東京のソフトウエア会社「インフォテリア」が開発したシステムを活用する。 町と組合、同社が9月に結んだ森林保全活動に関する協定の一環。

同日、東京であった発表会では、同組合の入交律歌(いりまじりりか)さん(31)が工務店などに営業する際の活用方法を紹介。「大量の動画や資料を使うことで木材のよさをイメージしてもらえるようになった。 職員の情報共有も進んだ」と説明した。

インフォテリアの平野洋一郎社長(52)=宇城市出身=は「小規模な自治体や組織も、ITを使えば可能性が広がる」と話した。北里耕亮町長や同組合の北里栄敏常務理事も出席した。
(岡恭子)

(2015/11/06 (熊本日日新聞)(共同通信社「47行政ジャーナル」より転載))