ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 熊本県五木村/議員に成果報酬導入条例を制定

熊本県五木村/議員に成果報酬導入条例を制定

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年4月12日

熊本県五木村/議員に成果報酬導入条例を制定

村は、議員報酬に「成果報酬」を導入する条例を制定した。議員立法で賛成5、反対4の賛成多数だった。4月1日施行。

成果報酬の導入は競争意識を高めるなど議会・議員の活性化が狙いで、こうした制度の創設は全国でも初めてとみられる。

具体的には、議員報酬を定額報酬と成果報酬に分け、議長が指名する5名以内の外部の評価委員が一般質問の内容などを基に、年に一度三段階で評価。「規則」で定めた評価項目には、一般質問の内容のほか、政策提案や地域活動への参加、議会改革への取組みの有無、委員会等での質問・質疑の内容などがある。

成果報酬は、議長、副議長、一般議員の各レベルとも、成果が「優秀」と評価されると満額が、「良好」ならば半額が支給されるが、「普通」と評価されるとゼロ円となる。例えば一般議員の場合は定額報酬が月額17万円。成果報酬は「成果が優秀」の場合は年額51万6,000円だが、「良好」では同25万8,000円となり、「普通」だとゼロ円だ。