ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 宮城県色麻町/新築住宅を借り上げ、町外子育て世帯に転貸

宮城県色麻町/新築住宅を借り上げ、町外子育て世帯に転貸

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年10月26日

宮城県色麻町/新築住宅を借り上げ、町外子育て世帯に転貸

町は来年から、定住促進を目的に、町内の新築住宅を借り上げて町外の子育て世帯に転貸する「地域活性化住宅事業」を始める。

住宅は民間事業者が建設するため、町は公営住宅法の制限を受けることなく入居資格などを設定できるほか、住宅の維持管理費等を負担する必要もない。なお、同様の取組みは熊本県玉東町なども行っているが、県内の市町村では初めて。住民の入居は来年4月を予定しており、2月頃から入居希望者を町のホームページや広報誌等を通じて募集する。

新築住宅は、70平方メートル以上の3LDK(メゾネットタイプ)。町は、30戸を1戸当たり月額6万円以下で30年間借り上げる。貸し付ける際の家賃は、子どもが中学生以下の世帯は月額3万5,000円。高校生以下の場合には同4,000円になるほか、その他の場合には同5万円とする。進学等により子どもがいなくなった場合には住宅を明け渡すことを努力義務とした。