ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 長崎県長与町/町民提案事業で2年度目の募集開始

長崎県長与町/町民提案事業で2年度目の募集開始

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年7月20日

長崎県長与町/町民提案事業で2年度目の募集開始

町は、町民が企画・立案した事業を予算化して実施する「町民提案事業」の2年度目の募集を開始した。提案は、町民で組織する「検討委員会」の選考を経て予算化、来年度から実施する。

長崎市に隣接する町はベッドタウン化で人口が増加。このため、町民主体のまちづくり推進のため個人町民税の2%相当額を上限に、その使い途を町民が直接提案できる制度を昨年度創設した。対象事業は、①人づくり、環境づくりなどのソフト事業②町の既存事業にない単年度で実施可能な事業-で、提案できるのは地区コミュニティ活動組織などの団体。今年度は約4,000万円程度を予定。

なお、昨年度の提案事業(今年度実施)では、斉藤海岸で塩害防止等を目的に松の木を植栽・管理する事業や、寄附した人のネーム入り「思い出ベンチ」設置、遊休地のみかん畑再生、親子で模型飛行機製作、苗木の公園・学校等での植栽、夕方に咲く「ゆうがお」を育て「ゆうがお咲くから帰ろか運動」などユニークな事業が実現する。