ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 熊本県氷川町/町のキャラクター・歌詞を公募

熊本県氷川町/町のキャラクター・歌詞を公募

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年6月8日

熊本県氷川町/町のキャラクター・歌詞を公募

町は、町民の融和と町を広く知ってもらうため、町のキャラクターデザインと氷川音頭の歌詞を公募。6月1日に締切り、業者の見識審査・町の最終審査で採用作品を決め、9月に公表する。

氷川町は、2005年に竜北町と宮原町が合併して「火が燃ゆるまち」として誕生。新・氷川町の融和のため、すでに「町のシンボル」のほか、町の花「桜」や木「梨」、鳥「つばめ」を決めている。

一方、合併前の旧竜北町には「たっぴー君」というキャラクターが、また旧宮原町には「宮原音頭」がそれぞれあった。このため、改めて新・氷川町のキャラクターデザインと、「氷川音頭」の歌詞を公募することにしたもの。

町では、キャラクターは「氷川に抱かれた自然ゆたかで、歴史と伝統文化を脈々と受け継いでいる魅力あるまちを広く知ってもらえ、さらに多くの人に親しんでもらえるもの」に、また「町民の心をひとつにして歌って踊れる氷川音頭」にしたいとしている。