ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 島根県知夫村/定住促進へ住宅取得等に支援事業

島根県知夫村/定住促進へ住宅取得等に支援事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年5月18日

島根県知夫村/定住促進へ住宅取得等に支援事業

村は今年度から定住促進を目的にU・Iターン者が取得する住宅・土地に最高150万円を支給する「定住促進支援制度」をはじめた。当面、2年間の時限措置(今年度予算1,700万円)で、村では年間10世帯程度の申込みを予定している。

隠岐諸島の最南端、知夫里島にある1島1村の村は、人口が663人と県内で最も少なく、高齢化率も44.3%と高い。このため、昨年、「定住会議」を発足させ、高齢化と人口減少に歯止めをかける対策として今回の定住促進策を決めた。

支給対象者は、転入前までに村での生活実態が5年間ないなどの「新規定住者」で、村民として5年以上、生活の本拠を村に置き村内に継続して居住するなどが条件。支援するのは、①住宅取得・持ち家改修等資金②住宅新築のための土地取得費用-のいずれかに150万円を限度に助成金を支援する。併せて、定住の際の引越し費用にも20~25万円を支援する。町のホームページや県庁窓口でのチラシ配付などでPRを進めている。