ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 長崎県佐々町/町民の公益事業立ち上げに補助金

長崎県佐々町/町民の公益事業立ち上げに補助金

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年2月2日

長崎県佐々町/町民の公益事業立ち上げに補助金

町は、2009年度から「提案公募型活動事業」の補助金交付をスタートさせる。住民が自ら企画・立案し実施する公益性の高い事業を提案、その事業を町が補助金で支援するもの。

住民と行政のパートナーシップ形成が目的だ。対象事業は、①自然環境保全活動②福祉活動③防災、救護活動④地域活性化の活動-で、不特定多数の町民の福祉・利益の増進に寄与することなどが要件。提案された事業については、町の第三者機関「審査委員会」で対象を決定した上で、補助金を交付する。なお、補助金は提案事業の立ち上げを支援するため3年間を限度(再度応募は可能)とした。また、補助金額は事業実施に直接必要となる経費の2分の1以内とするが、町では多様な事業を想定しており上限は決めない。その財源は、「ふるさと創生1億円」などの基金を取り崩して活用する。

昨年暮れの提案締切りの結果、福祉活動3件など合計5件の提案があった。具体的には親同士で行われていた子どもの一時預かりの「制度化」や、町が進めている桜の植林活動などが提案されている。

町では、来年度以降も提案を受け付けることにしており、「提案は今回以上に増えるのではないか」と期待している。