ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 鹿児島県さつま町/少子化対策で「出会いの場」提供へ

鹿児島県さつま町/少子化対策で「出会いの場」提供へ

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年1月19日

鹿児島県さつま町/少子化対策で「出会いの場」提供へ

町は、今年3月にも若者らの「出会いの場」を提供することを検討している。町が進めている定住促進策・少子化対策、担い手対策などの一環。

さつま町は、2005年に3町が合併して誕生。人口も2万4,500人(08年12月)を超えているが、少子化の影響もあり長期的には人口減少が見込まれる。このため、結婚しない男女が増えていることもあり、「出会いの場」を町が提供することにしたもの。20~40代の独身の男女(結婚歴は問わず)を対象に参加を呼びかける予定。なお、町では昨年12月に「フィーリングカップル2008Xmas」を企画。「異性と知り合う機会がないとあきらめかけているあなたへ~」と20~30代の男女を対象に参加を呼びかけたが、「お見合い」のイメージが強かったためか参加者が少なく流れた経緯がある。町では「もっと気軽に参加できるものにしたい」とアイデアを練っている。なお、町では定住促進の一環として一般分譲住宅団地も提供している。