ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 愛知県甚目寺・大治・美和・七宝各町/公立病院から派遣職員を受け入れ

愛知県甚目寺・大治・美和・七宝各町/公立病院から派遣職員を受け入れ

印刷用ページを表示する 掲載日:2008年12月15日

愛知県甚目寺・大治・美和・七宝各町/公立病院から派遣職員を受け入れ

甚目寺と大治、美和、七宝の4町は10月から、一部事務組合により運営している公立尾陽病院から派遣職員を受け入れている。病院職員の協力を通じた、尾陽病院と各町の連携強化や事務処理の効率化などが狙い。

同病院は、甚目寺町内にあり、村上浩司同町長が管理者。同病院では、医師不足や病床数削減の影響で患者数が減少したが、一般職員の数は維持されていた。一方、各町では、育児休暇や病気による休養などで職員が不足していた。

派遣されたのは各町2名ずつの計8名。各町で一般事務などの職に就いている。派遣期間は病院と各町の協議により更新・延長・短縮があるが、今回は2年間の予定。派遣職員の給料や諸手当等は尾陽病院が支給するが、各町が負担。休日勤務や時間外勤務手当は各町が支給・負担する。