ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 福島県小野町/定住・二地域居住促進事業を展開

福島県小野町/定住・二地域居住促進事業を展開

印刷用ページを表示する 掲載日:2008年8月4日

福島県小野町/定住・二地域居住促進事業を展開

町は、豊かな自然を活用し、交流人口を拡大させるため、定住・二地域居住を推進する各種支援事業を展開している。

うち、「町有林おすそわけ事業」は、町内に定住する意思のあるUIターン者で、①町内業者により新築住宅を取得②市町村民税の滞納がない―などを条件に、町有林(杉)をトラック1台分製材してプレゼント。また、「ようこそ小野町定住祝金交付事業」では、定住意思のあるUIターン者で、住宅を取得(新築・中古問わず)していることなどを要件に、町内商店等で使える商品券(10万円相当)をプレゼントする。

さらに、「ETC・らくらく通勤応援事業」は、定住意思のあるUIターン者で単身の転入ではなく、通勤に片道30km以上かけていることなどを条件に、ETC購入・設置費用を1万5千円を限度に助成。このほか、「ふれあい農家民宿開設応援事業」は、農家民宿開設希望者に、50万円まで補助。「ふるさと暮らし応援事業」は、交流・定住人口の拡大を目的とした事業を行う民間団体に、経費の2分の1か50万円のいずれか低い額を補助する。

問合せは企画課(電話0247-72-6939)へ。