ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 宮城県亘理町/協働の「まちづくり基本条例」施行

宮城県亘理町/協働の「まちづくり基本条例」施行

印刷用ページを表示する 掲載日:2008年5月19日

宮城県亘理町/協働の「まちづくり基本条例」施行

町では、町民・議会・町の協働によるまちづくりを前面に打ち出した「まちづくり基本条例」を4月1日から施行した。これを踏まえ、町は「協働のまちづくり計画」(基本方針など)を策定、今年度から「まちづくり推進委員会」を設置するととに、まちづくりを支えるNPOやボランティア団体等の人材育成・活動支援、職員による「町づくり出前講座」や「移動町長室」などを実施する。このほか、「地域づくり総合交付金」「町民企画提案まちづくり制度」の創設なども検討している。

「基本条例」は、町の長期計画「総合発展計画」に盛り込まれた「地域協働のまちづくり」を受けて、2006年に公募で設置した「まちづくり推進会議」が策定した。高校生を含めた住民のみ10人で構成。このため、会議は夜間や土曜日に開催したが、「当初は喧々諤々の議論」だったという。

基本条例は、「まちづくりは、町民、議会、町が協働により推進するもの」とした上で、それぞれの役割などを明記した。いわゆる自治基本条例は宮城県下の市町村では初めて。