ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 福島県矢吹町/若者夫婦の家づくりに助成金

福島県矢吹町/若者夫婦の家づくりに助成金

印刷用ページを表示する 掲載日:2007年8月20日

福島県矢吹町/若者夫婦の家づくりに助成金

町は町内に家を建てる40歳以下の若い夫婦に助成金を交付する「若者定住促進事業」を始めた。若者の定住を促進し、活気あふれるまちづくりを実現するのが目的。事業期間は、2007年度から10年度までで、町は今年度予算に300万円を計上した。

新たに宅地を購入して家を新築した夫婦に対して、床面積に応じて①「120平方m未満」が年7万5千円②「121~150平方m未満」が同10万円③「151~180平方m未満」が同12万5千円④「180平方m以上」が同15万円―を助成する。新築のみや、宅地と中古住宅を購入した場合は、それぞれ2万5千円減額して助成する。

床面積50平方m以上の一戸建てが対象で、玄関や台所、浴室など町が提示した条件を全て満たす必要がある。

助成を受けるには、4月1日以降に家を建てた夫婦で町に10年以上定住する意思があるほか、①申請時の平均年齢が40歳以下②夫婦どちらかが就職している③町税等を滞納していない―ことを満たす必要がある。

助成の期間は、町内に1年以上住んでいる夫婦は3年間、町外から転入して1年以内は5年間とした。