ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 熊本県美里町/ARを活用した観光アプリを公開

熊本県美里町/ARを活用した観光アプリを公開

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月19日

熊本県美里町/ARを活用した観光アプリを公開

美里町は、3月からスマートフォン向けの観光アプリ「みさとりっぷ」を公開している。町内の観光地情報やルート案内などが利用できるもので、AR(拡張現実)技術を活用し、指定の観光スポットで県のマスコットキャラクター「くまモン」と記念撮影が楽しめるなど、アトラクション的要素も取り入れている。

開発費約570万円のうち約9割に国の地方創生加速化交付金を充当。すべてのコンテンツが無料で利用できる。3月下旬の公開から1カ月で500件以上のダウンロードを記録し、6月からは英語版アプリ、アプリ連動WEBページの公開も実現し、さらに利用者が増加しているという。

町では、ICT(情報通信技術)の活用により、観光客数増加計画を推進中で、2014年度に約59万人だった観光客を2020年度までに約66万人に増やすことを目標としている。

町は、「みさとりっぷ」の開発・運用で、外国人観光客の増加とともに、国内客の町内周遊時間の延長につながるよう、今後もコンテンツの見直しなど、アプリの拡充に取り組みたいとしている。