ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 茨城県境町/奨学金返済免除で若者の定住促進

茨城県境町/奨学金返済免除で若者の定住促進

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月24日

茨城県境町/奨学金返済免除で若者の定住促進

境町は、就学のために経済的支援が必要な学生に対して学校卒業後、一定期間の定住を条件に、奨学金返還の免除をはじめた。8月から「境町奨学生」の募集を開始しており、年度内に5人程度募る予定。

同奨学生の対象は、大学生、大学院生、短期大学生。本人または保護者が町内に居住していること、所定の条件を満たした連帯保証人を1名選任できることを条件としている。 書類審査や小論文などで選考する。貸付金額は年間24万円で、毎年4月と9月の2回に分割して貸し付ける。なお、卒業後に農業に関連する産業への就職を希望する場合は、 最大で年額24万円の上乗せ貸付も可能。申し込みには、申請書のほかに、在学校からの推薦書、直近の学習成績を確認できる書類等が必要で、芸術やスポーツなどの分野で表彰された経験がある場合は、 確認できる書類(コピー可)も提出する。奨学金の返還免除の要件としては、学校卒業後6カ月以内に町に居住することが必須で、5年間居住を継続したときに返還が免除される。 なお、万が一定住できなくなった場合は、奨学金を無利子で返還することも要件としている。

町は、学生をかかえる世帯の経済的な負担の軽減とともに、若者の定住を促進できればと期待している。