ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 大阪府岬町/新婚世帯限定の補助金創設で定住促進

大阪府岬町/新婚世帯限定の補助金創設で定住促進

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月8日

大阪府岬町/新婚世帯限定の補助金創設で定住促進

岬町は、新婚世帯を対象に、町内の住宅の購入費用や賃貸費用などの一部を補助する取り組みを今年度から導入した。若い世代の町内への移住・定住促進を目的とし、少子化対策事業の一環。

対象は、今年4月1日から来年2月末日までの間に婚姻届を提出して、受理された新婚世帯。ただし、夫婦の所得を合算した金額が300万未満であることなど、若干の要件を満たしていなければならない。 補助の対象は、住宅の購入、または賃貸の費用と、引っ越し費用を合わせた金額、1世帯当たり18万円が上限。町は、6件程度の申請を見込んで予算を組んでいる。

町ではこれまでも、新婚に限らず、他にも、新築住宅や中古住宅の取得補助、民間賃貸住宅家賃補助の制度も定めており、条件が合えば、複数の補助制度を併せて利用できる。町は、 住みやすい町をアピールし、若い子育て世代の移住・定住を促進していきたいとしている。