ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 福岡県遠賀町/定住促進奨励金を創設

福岡県遠賀町/定住促進奨励金を創設

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月20日

福岡県遠賀町/定住促進奨励金を創設

遠賀町は、町内に永住の意思を持って住宅(敷地を含む)を取得した住民を対象とした定住促進奨励金制度を創設した。同制度は、今年度4月1日以降に取得した住宅を対象としており、 定住人口の増加につなげることを目的としている。

奨励金は、取得した住宅に対して課される固定資産税相当額を3年間交付するというもの。ただし、年間交付額の上限は15万円となる。対象は、今年度4月から2020年3月までに住宅を取得した住民で、 自治区への加入が要件。さらに、3世代同居世帯に対しては、交付期間3年のところ、1年延長し、4年間交付する。取得する住宅は、戸建て、マンション等を問わず、新築、中古のいずれでも対象となる。 購入を伴わない相続や贈与によって住宅を取得した場合は交付対象から外れる。なお、古くなった住宅の建て替えなどの場合は、原則として交付対象外だが、建て替えに伴い、別居中の両親と同居するなど、 世帯員が増加する場合は、交付対象となる。

町は、同制度を施行することで、人口増加につながればと期待を寄せている。