ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 福岡県東峰村/通信制大学との連携で地域創生を実現

福岡県東峰村/通信制大学との連携で地域創生を実現

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月1日

福岡県東峰村/通信制大学との連携で地域創生を実現

村は、100%オンラインで経営学士を取得できる日本初の通信制大学「ビジネス・ブレークスルー大学」と連携し、定住人口の拡大、地域資源の活性化といった課題に取り組み、 地域創生を実現する「プロジェクトT」を実施している。

「プロジェクトT」は、海外在住の学生または日本の他地域の学生をオンラインで村と結び、多様なアイディアを創出し、さらにフィールドワークを通じて具体化、実現していくというもの。同大学は、 世界を舞台に自ら考え判断した上で、高い倫理観を持って自己責任のもとに行動できる職業人・起業家を養成することを目的としているため、幅広い年齢層と職業を背景に持つ学生が多数在籍している。 そういった同大学の特長を生かし、「もし自分が東峰村の村長で、定住人口・通勤人口拡大のためにどのような施策を策定するべきか」をテーマに創生案を提示してもらい、実際に訪村して、 自然・産業等の地域資源調査や村民へのインタビュー等実施し、課題解決のための研究を進める。

2015年10月6日に、同大学と村で連携に関する調印式が執り行われ、同年11月20~23日に学生数名が村を訪問してフィールドワークを実施。2016年2月6日には、 浮き彫りになった課題の解決策についての研究発表を行う予定になっている。