ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 静岡県南伊豆町/高齢化の人手不足にヤギを活用

静岡県南伊豆町/高齢化の人手不足にヤギを活用

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月5日

静岡県南伊豆町/高齢化の人手不足にヤギを活用

町は、2015年8月から、遊休農地などの維持管理に、ヤギによる除草作業を試験的に行っている。10月末まで、経費削減などの効果を検証し、有効であれば本格導入も視野に入れている。

ヤギによる除草作業は、民間業者に委託し、町所有の遊休農地で実施中。柵で囲った農地に3頭のヤギを放し、自由に草を食べさせている。以前は時間を区切って除草作業をさせていたが、 柵内に設置した小屋は自由に出入りできるので、作業時間も「ヤギまかせ」となっている。

町では、農業に携わる住民の高齢化などにより、遊休農地や耕作放棄地が増えており、除草作業も滞りがちで、農地の維持管理に頭を悩ませていた。対策を検討していたところ、 町内の林業会社がヤギを活用しているとの情報を得た町は、比較的手間がかからず除草ができ、ヤギが醸し出す雰囲気から、住民の癒しにもなるのではないかと、試験導入に踏み切ったという。