ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 宮崎県新富町/定住促進に医療費助成を拡充

宮崎県新富町/定住促進に医療費助成を拡充

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月30日

宮崎県新富町/定住促進に医療費助成を拡充

町は、2015年度から、子育て世代の負担軽減を目指し、子どもの医療費助成制度の対象を高校生まで網羅する。助成制度拡充で、定住促進につなげたい考え。

助成拡充の対象は、15~18歳の高校在学年齢に当たる者で、診療報酬明細書1枚につき、月の自己負担額が650円となる。対象者が通学のために町外の学校の寮や下宿先で住民登録をしている場合であっても、 保護者が町内在住であれば、助成対象となる。助成を受けるには、申請書の提出が必要で、受給資格登録が完了すると、資格証が交付される仕組み。

今回の対象拡大によってかかる経費は、子育てしやすい環境づくりを目的として「すこやか安心基金」から捻出することになっている。

なお、現行の医療費助成制度では、診療報酬明細書1枚につき、月の負担額は、乳幼児(未就学児)350円、小中学生500円と定められている。