ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 熊本県湯前町/観光振興に「まんが図書館」拡充

熊本県湯前町/観光振興に「まんが図書館」拡充

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年2月23日

熊本県湯前町/観光振興に「まんが図書館」拡充

町は、第三セクター・くま川鉄道の終着駅・湯前駅近くの「ふれあい交流センター湯.とぴあ」内の「湯前まんが図書館」を2015年4月から再開しようと準備を進めている。 センターのひな祭り展などで休館する2~3月に内容を充実させ、さらなる観光振興につなげたい考え。

同図書館は、2013年6月に設置され、くま川鉄道の新型車両の乗客増に貢献し、飲食店などへの経済効果もあり、湯前駅に隣接する「湯前まんが美術館」と共に、マンガファンには人気のスポット。 あらゆるジャンルの漫画約7000冊を常備し、入場は無料。館外への貸し出しは行っていないが、館内では読み放題。入場者は大人と子どもが半々程度で、県内だけでなく、県外からの来館者もあるという。

年間80万円の予算のほとんどが本のリース料に投入されるが、昨年11月に実施した「ゆのまえ漫画フェスタ」の際に寄付を呼びかけたところ、770冊のマンガが寄贈された。これらを整理して、 4月の再開館時に内容の充実を図る。