ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 高知県土佐町/林業インターンシップを始動

高知県土佐町/林業インターンシップを始動

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年2月2日

高知県土佐町/林業インターンシップを始動

町は、2014年度中に林業の短期インターンシップを開始する。高齢化や人材不足、後継者不足が深刻な林業の新しい担い手の育成が目的で、移住・定住にもつなげたい考え。

林業インターンシップは、2015年1月に募集を開始し、説明会の開催も予定されている。高知県外から約5~10人を対象として募集し、講義や間伐体験などのプログラムを5日間の日程で、 3月に実施する。受け入れ先には、町森林組合や町内の自伐林業家に依頼することになっている。町は、短期間の体験のため、担い手の育成に直結することは難しいが、 林業に従事していけるかを見極めるきっかけになればとしている。

町では、2013年度から約2~3週間の農業インターンシップを取り入れており、これまでに計10回実施している。合計約50人の参加者の中から、4人が町への移住を実現し、 現在も数人が移住を検討しているという。2015年度には、林業インターンシップも本格始動するため、農業も含めたインターンシップにかかる経費として、2015年度当初予算に約500万円を計上する予定。