ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 熊本県高森町/魅力あるまちづくりに光ファイバー網導入

熊本県高森町/魅力あるまちづくりに光ファイバー網導入

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月26日

熊本県高森町/魅力あるまちづくりに光ファイバー網導入

町は、町助成によるPFI的事業により、町内全戸に敷設された光ファイバー網を活用して、行政を中心とする放送を始める。過疎対策や少子高齢化対策の一環としての取り組みで、 町民の任意ではなく、町独自の施策として光ファイバー網を町内全体に敷設するのは、全国でも初の試みという。

民間企業との提携により、町独自の光ファイバー網を整備。総事業費約12億1000万円のうち、町が起債などにより9億3000万円を助成した。2014年末までに工事を終了させ、 2015年4月から番組放送及びデータ放送を正式に開始する。専用スタジオは庁内に開設し、地元密着型の番組編成となる。

番組の内容は、防災・教育・福祉・農業などあらゆる行政情報。町民の高齢化に向け、在宅中にも自然災害などの情報が正確かつ確実に入手できるようにするほか、 総合防災システムによりテレビや携帯電話、固定電話などの各端末に一斉送信する考え。また、教育分野では、都会と変わらない教育環境を整えるべく、 小中学校に導入済みの電子黒板をブロードバンドで高度化する。さらに福祉分野では、見守りシステム導入のほか、買い物支援なども視野に入れている。

町は、行政や防災関連だけでなく、各地域のイベントや各種行事などの地域情報なども町民間で共有し、住みやすいまちづくりを展開することで、 町外からの移住・定住や企業誘致対策にもつなげたいとしている。