ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 奈良県安堵町/定住促進に係る住宅取得に対する優遇制度をスタート

奈良県安堵町/定住促進に係る住宅取得に対する優遇制度をスタート

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月22日

奈良県安堵町/定住促進に係る住宅取得に対する優遇制度をスタート

町では、人口減少への歯止めをかける定住施策として、マイホームを取得する世帯に対する固定資産税の優遇制度を開始する。50歳以下の若いファミリー層を町内に呼び込み、 地域の活性化を図ることが目的。

同町の人口は、平成7年4月の9,086人をピークに減少し、平成26年4月には、7,796人と約14.2%落ち込んでることに危機感をもち、平成26年1月から管理職を中心とした政策会議を立ち上げ、 職員自らがアイデアを出し合い、人口問題に関する政策を進めてきた。

制度の内容は、平成27年1月2日~平成32年1月1日までの5年間に新築・中古に関わらず、50歳以下の住民で、住宅を取得した土地に課税する固定資産税を3年間軽減するもの。 中古住宅も適用要件に取り入れたことで、現在深刻化している空き家対策にも展開できればと期待している。

キャッチフレーズ「安堵町でのマイホームを応援します!~住みよい・心の安あん堵ど を実感できるまち~」をコンセプトに、 平成25年より先行して実施している「安堵町新婚・転入世帯等家賃補助制度」の第2弾として一層の定住促進につなげたいとしている。