ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 茨城県大洗町/定住促進に奨励金活用

茨城県大洗町/定住促進に奨励金活用

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月14日

茨城県大洗町/定住促進に奨励金活用

町は、町内に新たに住宅を取得し、定住する世帯に対し、最大30万円の奨励金を支給する「大洗町定住促進奨励金制度」を創設した。 定住人口の増加を図ると共に、活力に満ちた元気なまちづくりを推進することが狙い。

対象となる住宅は、取得費用が500万円以上で、居住部分の延べ床面積が50平方メートル以上の新築または中古の専用住宅または併用住宅。 2014年4月1日から2016年3月31日までに登記を完了していること、住宅所得者が申請年度の4月1日時点で45歳未満であること、 町税等の滞納がないことも条件となる。

交付金額は、中学生以下の子どもがいる世帯には30万円、その他の世帯には20万円。2014年度の申請を10~15世帯と見込み、 当初予算に400万円を計上した。

町は、同様に定住促進対策として、町内で宅地開発を行う事業者に対し、500万円を上限に補助金を支給する制度も創設。毎年、 町の人口が100~200人規模で減少しているため、人口増加が町の活性化につながればと、定住促進対策に力を入れている。