ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 長野県生坂村/定住者に返済免除の奨学金

長野県生坂村/定住者に返済免除の奨学金

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年6月2日

長野県生坂村/定住者に返済免除の奨学金

村は、高校・大学卒業後の村内の定住を条件に、奨学金の返済を一部免除する制度を創設。2014年度から実施する。若者の村外流出に歯止めをかける狙い。

奨学金は、公立高校生には入学金として10万円及び1万5000円までを毎月の授業料として貸与。村外で下宿している私立大学生の場合は、入学金20万円と毎月の授業料として5万円を貸与する。 これらはみな無利子で、卒業1年後から貸与期間の3倍の期間内で、月々分割返済してもらうというもの。

返済免除の条件は、卒業後1年以内に村に定住、就職すること。また、中学や高校、大学からの推薦状があること、さらに「村の将来に望むこと」と題した作文の提出も義務付けられている。 免除されるのは、月々の返済額の3割で、定住期間が満8年(高校生は6年)に達すると、残りの返済が全額免除となる。たとえば、私立大卒業生が240万円の授業料を借りていた場合、 6割に当たる142万円が免除されることになる。

制度実施初年度である2014年度の貸与予定者は、大学生2人、高校生1人で、今後の村の定住促進につながればとしている。