ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 茨城県利根町/町内巡回の移動販売車をグレードアップ

茨城県利根町/町内巡回の移動販売車をグレードアップ

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月21日

利根町は、買い物弱者のために町内を巡回している移動販売車の積載量と内容を充実させた。自動車免許証を返納した高齢者や障がい者の利便性向上と町民からの要望を実現させた。

町では、商店の減少や高齢化傾向にある状況を踏まえ、今年1月から「高齢者等買い物弱者移動販売事業」として「移動販売 福の助商店」を運営。水郷つくば農協に委託し、日常生活に必要な食料品や地場農産物、日用雑貨品等を販売している。これまで軽トラックによる移動販売だったため、積載量の都合から、厳選した商品のみの販売だったが、町民の利用頻度が高まるにつれて、要望が多くなってきた精肉や鮮魚等、生鮮品も扱えるよう、8月からは、冷蔵・冷凍付きの1・5tトラックに切り替え、取り扱い商品は、従来の2倍以上の約150種類となった。運行は毎週火・木曜日の週2回。午前10時頃から午後3時半頃まで、1日に7~8拠点を巡回し、1か所に20~30分停車する。町内計30カ所の拠点を2週間で1巡する。

町は、同事業により、利便性が向上することで、高齢者や障がい者にとって住みやすい町を推進するとともに、商品を自らの目で見て選ぶことのできる“買い物の楽しさ”を実感してもらうことで、健康保持増進や介護予防につながればとしている。