ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 栃木県益子町/町独自のポイントカード運用開始

栃木県益子町/町独自のポイントカード運用開始

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年5月25日

益子町は今年度から、町内飲食店等で使用可能な町独自のポイントカード「mashipo(ましぽ)」の運用を始めた。運営は、加盟店と町で構成する協議会が行う。

同カードは、町民だけでなくどなたでも利用でき、会費は無料。加盟店で買い物をした際の利用額1%がポイントとして蓄積され、100ポイント=100円で利用できるというもの。ポイントの状況はインターネットで確認できる。現在30店舗以上ある加盟店は、特産品である陶器の販売所や飲食店、宿泊施設など。加盟店は、会員の買い物額2%を協議会に納付することになっており、そのうち1%はポイントになり、残り1%は顧客データの分析や販促のための広告費等に充当される。購入者の性別や年齢等の顧客データが各加盟店に共有されるため、商品開発や販促等に役立てることができ、加盟店にとってもメリットが大きい。

町は、今後、町内イベントのボランティアや参加者にポイント付与を行うことも考えており、地域経済活性化につながればとしている。