ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 広島県熊野町/「筆の都」PRにバッジ作製

広島県熊野町/「筆の都」PRにバッジ作製

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月20日

熊野町は、筆の生産が盛んな「筆の都」としての魅力をPRする目的で、町職員が着用するための「筆のバッジ」を作製した。

町内の伝統工芸士が作製した同バッジは、書筆と同じ材料・技法で製作されている。職員全員分と予備を合わせ約200個作製。「筆の日」がある3月と「筆まつり」が開催される9月に着用するよう職員に呼びかけている。

2008年、町及び町内の事業者や町民が連携して筆産業の振興と発展を図るため、春分の日を「筆の日」と定めた。また、前後1週間を「筆の日週間」とし、町民が筆を持ち創作活動に参加するイベント等を企画してきた。

町は、職員が同バッジを着用することで、来庁者対応や出張先などで、町の筆産業をアピールしていきたいとしている。