ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 群馬県榛東村/村職員の有給休暇取得促進に新制度

群馬県榛東村/村職員の有給休暇取得促進に新制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月20日

榛東村は、今年度から村職員に連続3日間の年次有給休暇取得させるための「山ごもり休暇制度」を導入する。災害等の緊急事態以外は、他の職員と電話やメール等で連絡を取り合うことも禁止する。

これまで、職員の年次有給休暇の平均取得日数は、10日間以下がほとんどで、年間取得可能日数の20日間に対して大幅に少ない。また、休暇中にも職員間で様々な連絡を取り合うことも多く、完全にリラックスするのが難しいとの声も上がっている。そこで、職員の健康管理の観点からも、連続3日間の有休と土日の休みをつなげ、5日間の休暇を取得させることとした。休暇が取得しにくいのは、個々に仕事を抱え込んでしまい、他の職員との共有ができていないことも要因のひとつと考え、今後は仕事の進め方の見直しも検討していく。

村は、管理職も含め、ゆっくり“山ごもり”をするように休暇を取得してもらい、しっかりリフレッシュしてもらいたいとしている。