ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 熊本県産山村/インターネットを利用した禁煙対策を開始

熊本県産山村/インターネットを利用した禁煙対策を開始

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年2月10日

産山村は、昨年10月から、通院せずにスマートフォンやタブレット端末で医師と面談する「オンライン禁煙プログラム」を利用した禁煙対策を開始した。

対象は、30~60代の村民で、国民健康保険加入者。利用者1人当たり約6万円の費用を村が全額負担する。村には「へき地診療所」に認定された診療所のみで、病院はない。常勤医不在で、禁煙外来も受け付けていない。禁煙外来を実施している最寄りの病院まで車で30~40分かかるため、その負担をおして受診する村民は少ない。村民の喫煙率と肺がん等の呼吸器疾患の受診率が全国平均よりも高く、国民健康保険の財政を圧迫する一因でもあるとの考えから、「オンライン禁煙プログラム」の導入を決めたという。

同プログラムは、医療系ベンチャー企業である(株)リンケージ(東京都)が提供するもので、受診を希望する村民がスマートフォンやタブレット端末を利用して、熊本市の熊本機能病院の医師と面談及び指導が受けられ、禁煙補助薬は郵送される。

村は、同プログラムの導入により、禁煙者が増え、村民の健康寿命が延伸されればと期待している。