ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 山形県庄内町/アイデア競う「業務改善甲子園」

山形県庄内町/アイデア競う「業務改善甲子園」

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年1月27日

庄内町は、職場での業務の効率化等について町職員がアイデアを出して競い合う「業務改善甲子園」を開催した。職員が組織する行政改革研究委員会のメンバーが中心となって実施したもので、今回が初の試み。

「身近なところで予算を掛けずに即実行可能な業務改革」というテーマで募集し、提出された51のアイデアを、庁内会議や職員投票で6つに絞った。昨年10月末に、各提案者が審査員である町長や地元企業代表らを前に、プレゼンテーション形式で決勝大会が行われた。具体性や実現性に重きをおいて審査し、優勝はセミナーや講演会を効率化するアイデアが勝ち取った。内容は、各課で実施している介護予防や健康づくりといった方向性の同じ催事を一本化して開催することで、集客増加や業務量削減につなげられるといったもの。

町は、予想以上に様々な業務に対する効果的なアイデアが多かったことから、今後も実施していきたいとしている。