ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 北海道乙部町/道の駅に子育て応援自販機設置

北海道乙部町/道の駅に子育て応援自販機設置

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年1月27日

乙部町では、10月9日道の駅「ルート229元和台」に、おむつや液体ミルクを扱う「子育て応援自動販売機」が設置された。北海道開発局が、道内の道の駅で推進中の子育て支援の一環で、開発局と北海道コカ・コーラボトリング(株)、町とが共同で設置したもの。北海道内では、浜頓別町に続き2例目で、道南の自治体では初。

同自販機は、24時間利用でき、「おむつ5枚入り(S、M、L)」各200円、哺乳瓶に移すだけで授乳できる「らくらくミルク(240㎖)」280円、「お尻拭き」200円の3種類を取り扱っている。

町は、一般的に、売店や休憩所、トイレ、公衆電話などの備えがある道の駅に、これからは、子育て用品もあるという認識が広がり、いざという時、困った時に利用してもらえればとしている。​