ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 広島県世羅町/住宅リフォームに補助制度導入

広島県世羅町/住宅リフォームに補助制度導入

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年6月24日

広島県世羅町/住宅リフォームに補助制度導入

町は、定住促進化の一環として、戸建て住宅などを増改築する、いわゆるリフォームをする町民に対し、経費の一部を補助する「町住宅リフォーム補助制度」を設立した。

1世代、2世代居住の一般住宅の増改築には30万円、3世代同居の場合は50万円を上限に補助するとしている。2013年度当初予算に450万円を計上した。

条件は、居住実態があること、町内の建築関連業者に発注をすること、町税の滞納がないこと、2014年2月末までに工事が完了すること、など。戸建て住宅以外でも、 延べ面積の2分の1以上を居住用とした併用住宅も対象となる。この場合、増改築費用の10分の1の補助額が支給される。

制度の検討段階では、近隣の自治体の制度を参考にし、家族構成にかかわらず補助上限額を設定する内容だった。しかし、2012年10月に就任した奥田正和町長の方針で、 3世代同居住宅に対しての補助を増額したという。

すでに、2013年5月13日より受け付けを開始。希望者が提出した「補助金交付申請書」などの内容を審査の上、対象者を決定する。予定件数に達した時点で終了することになっている。