ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 長野県小布施町/若者発信の会議、9月開催へ

長野県小布施町/若者発信の会議、9月開催へ

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年6月11日

長野県小布施町/若者発信の会議、9月開催へ

町は、町内外の若者を集め、様々な社会問題について話し合う「小布施若者会議(仮称)」を2012年9月7日~9日の日程で開催することを発表した。 若者ならではの斬新なアイデアの提示などを期待し、可能なものは町の施策に生かしていく予定。町外からの若者には、会議参加をきっかけに、定住先として 町に関心を持ってもらうのも狙いのひとつという。 

会議の企画運営は学生主体で行い、テーマごとに町の各所で討論する。農業問題なら耕作放棄地、観光振興についてなら集客施設の前など、それぞれテーマに ふさわしい場所で会議を開催する予定。参加対象は、18歳から35歳前後までの150人で、参加費は無料。町外の若者向けには、東京方面とを結ぶ無料バスを 運行するほか、宿泊も無料のホームステイ先を紹介する。応募期間は7月末までとし、申込書による書類審査を経て、参加者を確定する。 

これまでにも、東京理科大学や信州大学、法政大学の研究所を町役場内に誘致したり、地域づくりインターンと称して複数大学の学生を対象に、 地域振興や景観作りなどといった町の取り組みを学ぶ機会を提供してきた。今回の「若者会議」は、これらの取り組みに関わった若者たちの提案によって 実現したもの。町は、地方発信型の新しい課題解決方法のモデルケースとなれれば、としている。