ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 岩手県洋野町/ウニ蓄養の応援に補助金支給

岩手県洋野町/ウニ蓄養の応援に補助金支給

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月14日

洋野町は、特産品であるウニの通年出荷を目指す民間の加工業者を対象に、必要な資材の購入費用に補助金を支給する。

天然ウニの漁期は、5~8月と非常に短期間で、旬を過ぎると身が痩せて商品価値が低くなる。また、近年の現象として、海水温度の上昇やウニの餌となる海藻が減る「磯焼け」も、ウニが痩せる要因とされている。そこで、旬を過ぎたウニを籠で飼って、人工的に身を付けさせる「蓄養」が有効との考えから、その実用化に向けた試験を行う加工業者を支援するべく、蓄養籠等の資材購入費の半額を補助する制度を新設した。

また、「ウニのまち」としての魅力をいかに発信していくか等、構想策定にも取り組むとともに、市場調査等も実施していく。

町は、早急に蓄養試験を開始し、早ければ来年度中に蓄養ウニの販売を開始したいとしている。