ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 徳島県那賀町/町内産の材木を使用した住宅を支援

徳島県那賀町/町内産の材木を使用した住宅を支援

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年10月3日

徳島県那賀町/町内産の材木を使用した住宅を支援

町は、町内で生産される乾燥木材を使用した木造住宅を建築する町民への支援事業、「那賀町産木材木づかいあんしん住宅支援事業」を7月1日から始めた。良質で長期間の使用に耐え、安心して生活できる木造住宅の建築を推進し、町産材の利用拡大、町民の定住促進及び町内の人材の雇用推進を図ることが目的。予算は10棟分で約1,210万円を計上した。

補助金の額は、主要部材1立方メートル当たり5万円とし、1戸当たり140万円を上限としている。申請者が所有し、補助金が交付された時から10年以上、自らが町内に引き続き住民として居住するために木造軸組工法による個人所有の住宅を建築した町民が対象で、延べ床面積80平方メートル以上、構造材の主要部材(通り柱、管柱、間柱、隅柱、梁、桁、筋交い、小屋束、棟木、母屋、垂木、土台大引、根太、胴差)に町内産の杉材、檜材等を80%以上使用したものであること、柱及び土台の寸法が120ミリメートル×120ミリメートル以上であること、建築工事は町内の建築業者や製材所に発注すること等が条件となる。平成26年3月末までに着手した町民が対象。

9月21日現在、1棟が施工完了、2棟が着手している。