ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 和歌山県九度山町/町内の定住率向上のため高額補助金を交付

和歌山県九度山町/町内の定住率向上のため高額補助金を交付

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年8月29日

和歌山県九度山町/町内の定住率向上のため高額補助金を交付

今年度から町では、一定の条件を満たした住宅取得者に対して、一律100万円の補助金の交付を始めた。この金額は和歌山県内では最高額で、町の定住促進と活性化を目的としている。

補助金は、今年4月1日以降に新築、または建売住宅を購入した町民に支給される。なお、床面積70平方メートル以上の住居であり、5年以上の定住意思があることが最低条件。また、町税や各種使用料・手数料の滞納がないことも条件に加えられる。この制度は、町への転入者だけに対象を絞らず、町内在住者にも交付し、また年齢制限も設けなかったことから、人口流出対策として位置づけている。

今年度は、10件分の1,000万円の予算を計上しているが、今年7月までの3カ月ですでに4件の申請があった。今後、希望者が多い場合は、補正予算で対応していく方針。年々人口減少をたどる同町としては、町外からの転入者を期待するとともに、人口流出に歯止めをかける対策として推進していく。