ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 福島県国見町/農業の技術・経営の訓練所を設置

福島県国見町/農業の技術・経営の訓練所を設置

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月9日

国見町は、道の駅「国見あつかしの郷」に隣接した土地に「くにみ農業ビジネス訓練所」を開所した。新規就農者等に野菜栽培の技術だけでなく、農業の経営方法も指導することで、「稼げる農業」の実践者を育成するとともに、農業全体の活性化にもつなげたい考え。

同訓練所は、鉄骨ハウス1棟、ビニールハウス4棟、露地栽培用農地を併設し、講義に使用するための研修施設も用意。約5、300㎡の敷地に、総事業費約9、600万円で整備した。1年間の長期研修や数回の講義による短期研修、また、親子向けの体験研修等を実施するが、受講料はすべて無料。なお、長期研修は、65歳以下の町民または町内での就農予定者が対象で、約16品目の野菜の生産・販売までの一連の流れを学ぶ。多品目を扱うのは、年間を通して安定した収入を得られるようにするため。研修時に収穫した野菜は、隣接する道の駅等で販売する。

町は、同訓練場所を活用し就農の後押しをすると同時に、体験研修等で農業の魅力を広く伝えることで、移住定住促進や地域経済の活性化にもつながればとしている。