ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 未来の住処。 > 山梨県/市川三郷町 小さくてもきらりと光るまち 

山梨県/市川三郷町 小さくてもきらりと光るまち 

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月9日

「神明の花火大会」

市川三郷町では教育に力を入れており、平成17年の合併以降は小中学校の統廃合を行っておらず、現在小学校は6校、中学校は4校あります。町内10校の小中学校には計13名の教員を追加配置し、きめ細かい教育を実施しています。また、平成32年度には県内最大規模の単位制総合制高校が開校する予定です。
交通の面では、本町は山梨県の中心部に位置していることもあり、県内外どこへ行くにも便利です。また、平成29年3月に県を南北に走る、中部横断自動車道のインターチェンジが本町にできました。平成31年度中には全線が開通予定であり、静岡県や中京圏へより一層アクセスしやすくなります。

やすらぎづくり~日本一の暮らしやすさを目指して~

市川三郷町 小さくてもきらりと光るまち

市川三郷町は、南アルプスを源流とする釜無川と、秩父山系を源流とする笛吹川が合流し富士川となる左岸に位置しています。四季折々の自然が楽しめる四尾連湖や芦川渓谷、歌舞伎文化公園、ぼたん回廊や桜の名所、花火、和紙、印鑑などの地場産業、大塚人参やとうもろこし「甘々娘」に代表される農産物、市川の百祭りなど、町には誇れる産業と観光資源が数々あります。特に町を挙げて行われる「神明の花火大会」には、毎年20万人もの観光客が訪れ、大いに賑わいます。

市川三郷町役場 政策推進課
Tel:055-272-6095
Mail:yuki-aoyagi@town.ichikawamisato.lg.jp