ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 北海道羽幌町/地図と暗号解読観光名所巡る 焼尻、天売「宝島」に 今夏は2島で謎解き

北海道羽幌町/地図と暗号解読観光名所巡る 焼尻、天売「宝島」に 今夏は2島で謎解き

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年6月19日

北海道羽幌町

島全体を宝探しの舞台とするイベントが7月18日~8月31日、留萌管内羽幌町の天売、焼尻両島で開かれる。地図と暗号を読み解きながら島内を巡り「お宝」を発見する企画。 昨夏に焼尻島で初めて開き、今年は新たに天売島も加わった。両島間をフェリーで渡り謎解きに挑戦することもでき、同町は観光客の呼び込みを狙う。

「宝島2 焼尻・天売、兄弟島の財宝伝説」と題し、同町やフェリー会社などでつくる離島観光振興促進プロジェクト実行委が主催する。

参加は期間中いつでも可能。メーンの舞台は焼尻島で、初級から上級まで3段階の難易度に分かれた「謎」を用意。参加者はフェリーで島に上陸、観光案内所でチケットと宝の地図を交換し、 これを手がかりに暗号を解読しながら観光名所を巡って宝物を探す。天売島にも謎を一つ設け、両島をクリアすると「兄弟島の秘密」が解ける趣向だ。

参加者は謎を一つ解くごとに「勲章」がもらえ、賞金30万円や焼尻産サフォーク羊肉、甘エビなどが当たる抽選に1口応募できる。

自然豊かな島の魅力を生かす企画として昨夏、焼尻で実施した際は道内外から約560人が参加。羽幌町は「宝を探して、島の魅力も発見して」としている。

チケットは前売り2千円、現地購入2500円(幼児は無料)。フェリー代は別途。問い合わせは同町商工観光課(電)0164・68・7007へ。

(2015/06/19 (北海道新聞)(共同通信社「47行政ジャーナル」より転載))