ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 北海道共和町/深まる秋色、表情豊か 共和町の神仙沼で「草紅葉」ピーク

北海道共和町/深まる秋色、表情豊か 共和町の神仙沼で「草紅葉」ピーク

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年10月16日

北海道共和町

標高750メートルにある後志管内共和町の神仙沼周辺で草が黄金色になる「草紅葉(くさもみじ)」がピークを迎えている。

道道岩内洞爺線沿いの駐車場から神仙沼へ向かう木道の周りには、大小さまざまな池が点在。小型の無線操縦ヘリから撮影すると、湿原と青空を映す池が深まる秋を告げていた。

名古屋市から訪れた大友幸子さん(57)は「太陽の方向により草の色が変わってきれいですね」と、この時季ならではの光景にカメラのレンズを向けていた。

周辺の森林を管理する後志森林管理署によると、道道が冬季通行止めになる前の23日ごろまで黄金色の湿原を楽しめそうだと言う。

(2014/10/16 (北海道新聞)(共同通信社「47行政ジャーナル」より転載))