ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 北海道八雲町/ボタンエビ生きたまま宅配

北海道八雲町/ボタンエビ生きたまま宅配

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年4月1日

北海道八雲町

生きたままパック詰めされるボタンエビ=3月、北海道八雲町の落部漁協  北海道八雲町の落部(おとしべ)漁協が、特産品のボタンエビを酸素入り深層水でパックして生きたまま輸送する方法を考案し、宅配などで販売を始めた。漁協によると、ボタンエビは温度変化に弱く、管理が難しかった。

北海道南部の内浦湾でのボタンエビ漁は、例年春と秋に解禁される。これまでは漁獲したエビは冷水設備のある漁船で、生きたまま漁港まで運んでいた。

落部漁協では、雑菌が少なく鮮度を保つ効果がある同町熊石地区の深層水を利用。1~2度の低温であればほとんどのエビが3~4日は生きているという。

同漁協の鎌田和弘(かまだ・かずひろ)総務部長は「今年は漁獲量が少ないが、新鮮なボタンエビを味わってほしい」と話している。インターネットでの販売も受け付けている。

約10匹入り3パックで3千円。問い合わせは同漁協、0137(67)2211。

(2009/04/01 共同通信)