ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 沖縄県大宜味村/大保ダムのダム湖等の愛称募集

沖縄県大宜味村/大保ダムのダム湖等の愛称募集

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年3月7日

沖縄県大宜味村/大保ダムのダム湖等の愛称募集

村はこのほど、今年4月から供用開始予定の大保ダムの「ダム湖」と「大保ダム地域防災センター・学習資料館」の愛称を募集した。大保ダムの特徴や村の地域の特性を活かすような、県民の水がめとして広く人々に親しまれるような愛称を求めた。最優秀愛称等は3月中旬の大保ダム竣工式で表彰・公表する。

大保ダムは総貯水量2,005万立方メートル。やんばるの自然環境に与える影響を極力低減するため、様々な環境保全活動対策が行われてきた。また、ダム湖面では、カヌー体験などをしながらの環境学習の場としての活用も展開されるようプログラムづくりが行われているという。

地域防災センター・学習資料館は、平常時は防災意識の啓発や環境学習、村の活性化につながる観光拠点に活用。村の地域特性を生かした体験観光交流を進め、様々な活動メニューを展開するなどし、村の魅力を高める拠点となることを期待する。災害時は避難地、防災活動・防災情報発信拠点に活用される。