ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 北海道遠軽町/「目安箱」でまちづくりアイデア募集

北海道遠軽町/「目安箱」でまちづくりアイデア募集

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年3月7日

北海道遠軽町/「目安箱」でまちづくりアイデア募集

町は、個人や各種団体等から町政に関するアイデアや政策提案を募集している。このため、町役場など6カ所に「目安箱」を設置した。

遠軽町は2005年に4町が合併して新「遠軽町」として誕生。09年に町長に就任した佐々木修一町長が、昨年の施政執行方針で、協働のまちづくりに向け「町政懇談会などの意見交換の場、政策の目安箱制度の創設」を提案。これを受けて昨年夏、目安箱を町役場と3総合支所、福祉センター、福祉総合センターげんき21の6カ所に設置した。

「目安箱制度を開始。まちづくりのアイデアを募集します」とのキャッチコピーで広報やホームページでも同制度をPR、提案を呼びかけた。現在、提案数は多くないが、「町営プールの営業時間7時までは早すぎる」との提案に8時まで延長するなどの制度改正に結びついた事例もある。町では、さらに同制度のPRを強化するほか、設置カ所の増設も検討している。