ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 群馬県下仁田町/鳥獣被害対策で農水大臣賞

群馬県下仁田町/鳥獣被害対策で農水大臣賞

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年2月7日

群馬県下仁田町/鳥獣被害対策で農水大臣賞

町はこのほど、農水省の「平成22年度鳥獣被害対策優良活動表彰」で、農林水産大臣賞を受賞した。大学と連携した科学的・広域的なサルの被害対策など地域一体となった取組みが評価された。

町では、牛の放牧やボランティアによる緩衝帯の整備、鳥獣被害対策実施隊を中心した捕獲技術の向上など各種特徴的な取組みと関係者が連携した地域一体的な活動を展開。隣接市町村・大学と連携したサルのテレメトリー調査(電波発信器を用いた生息状況調査)に基づく被害対策の手法は優良事例として全国各地へ波及しているという。

また、被害への地域住民の理解と協力を得るため、農業者はもとより地域住民や小中学生を対象とした意識啓発活動も行っている。

表彰式は2月17日に東京農工大学の府中キャンパスで実施され、式終了後の「鳥獣被害対策研修会」で事例発表が行われる予定。