ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 北海道置戸町/医療費自己負担の一部を金券で還元

北海道置戸町/医療費自己負担の一部を金券で還元

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年2月7日

北海道置戸町/医療費自己負担の一部を金券で還元

町はこのほど、子どもの医療費自己負担分の一部を金券と交換することができるポイントに還元する「健やか子育て応援事業」を始めた。商工会と連動した事業のため、金券は商工会に加盟している食料品店や時計店など全108店舗で利用することができる。

事業の対象になるのは、乳幼児医療費助成制度など各種医療費助成制度の対象にならない小学生の通院と、中学生・高校生までの入院・通院にかかる医療費の自己負担分。3割となっている自己負担分の2割をポイントで還元することで、乳幼児医療費助成などを活用した場合と同等の負担になる。予算には200万円を計上。助成総額が200万円を超えた場合には補正予算で対応する。

ポイントの申請には、医療機関が発行する診療点数の記された領収書等が必要で「1円=1ポイント」で換算。ポイントは磁気カードに加点され、500ポイントごとに500円相当の金券と交換する。