ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 兵庫県稲美町/ふんの放置ゼロへ「イエローカード作戦」

兵庫県稲美町/ふんの放置ゼロへ「イエローカード作戦」

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年10月25日

兵庫県稲美町/ふんの放置ゼロへ「イエローカード作戦」

町は、犬のふんの放置を無くすために自治会などとの協働で「イエローカード作戦」を実施している。同作戦は、歩道などに放置されたふんのそばに、自治会名や町の連名で「犬のふん放置禁止!」と書かれた黄色いカードを設置するもので、飼い主に対して「ふんの放置は絶対許さない」などとする地域の態度を認識させ、ふん放置の一掃を目指す。

町では、2009年9月から実証実験を実施。高砂市の取組みも参考にし、6月から本格実施した。具体的には、作戦の実施を希望する自治会などは、①イエローカードを設置・回収②ふんを回収③町へ実績を報告―する。一方、町は①イエローカード、啓発ポスターの作成・配付②回収したふんの処理(可燃ごみとして処理)③制度の啓発―などを行う。

作戦を実施した自治会の報告によると、月に40あった放置数が7に減るなどの効果が見られるという。