ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 町村スポット > 大分県日出町/町民が主役の町政へ「職員基本方針」

大分県日出町/町民が主役の町政へ「職員基本方針」

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年7月26日

大分県日出町/町民が主役の町政へ「職員基本方針」

町はこのほど、町が求める職員像を明らかにした「職員基本方針」を作成した。「常に町民のニーズを探求し、町民の立場に立つ職員を目指す」など5つの理念を盛り込んだ。公募職員の「意識改革推進チーム」で作成。ボトムアップによる改革を目指すのが特徴。町では今後、「広く職員から意見・提案を募集し、より良いものを目指したい」としている。

同「方針」は、このほか「変化を恐れず挑戦する勇気を持って自己改革に取り組む」「役場全体が一つのチームとなって経営感覚を持つ総合行政を目指す」など、町民視点から体質改善を目指す内容となっている。

なお、町は、今年3月に「第2次日出町行財政改革プラン」を作成。その中で「職員の意識改革と人材育成」を盛り込んだ。第1次改革プランが「財政健全化」中心の「押しつけ改革だった」との反省を踏まえ、前例踏襲や縦割り、コスト意識欠如などの「お役所仕事」克服を目指している。